ArrowArrow
ArrowArrow

Slider

定期点検

特殊高所技術NETIS № SK-080009-VEは、平成20年に四国技術事務所で行われた【橋面上の交通規制を伴わず、安全に点検ができる橋梁点検足場技術】というテーマ設定技術募集に応募し、施行調査が行われるところからスタートしました。

平成26年には、国土交通省が制定した橋梁定期点検要領が改定され、双眼鏡等による遠望目視は認められず、近接目視での点検が義務付けられております。

橋梁長寿命化の基本である【点検】ですが、橋梁形式に制限されず、実施させていただいております。※過去実績による

事業内容-橋梁関連業務詳細調査ハンドタッチ

詳細調査

耐震設計や補修設計に必要な詳細調査ですが、調査対象に安全に近接できる特殊高所技術の活用によって、遠望や非接触の機器では得ることのできない正確な情報を、直接打診や、非破壊検査機器を用いた調査により得ることができます。

また、ACMセンサーや、ひずみゲージの設置にも実績があります。
※ACMセンサー:Atmospheric Corrosion Monitor

コンクリートコア採取

垂直面でのコア採取はもちろんの事、天井面やオーバーハングした面でのコア採取も、足場不要で作業が可能です。
事業内容-橋梁関連業務コア採取 事業内容-橋梁関連業務コア採取
濁水の回収についても、細心の注意を払って実施しております。
また、構造物へのダメージが少ない、小径コア(ソフトコア)採取にも対応しております。

事業内容-橋梁関連業務コンクリートコア採取